兵庫県宝塚市の賃貸

日暮里で賃貸を探すなら

賃借人は、大家(賃貸人)から部屋を借りたら、部屋を明け渡すまでは、「善管注意義務(善良なる管理者の注意義務)」が発生します。「善良なる管理者の注意義務」とは、社会通念上、賃借人に求められる注意義務を言います。この注意義務を怠り賃借物(部屋)に損害が発生すると、賃借人と大家との間の賃貸借契約において、債務不履行が発生したことになり、損害賠償義務を負うこととなります。この、損害賠償義務が万が一発生したときの義務履行を確保するために、大家はあらかじめ「敷金」という形で賃借人からお金を預かるわけです。
賃借人が部屋を明け渡す際には、原状回復義務(借りる前の元の状態に戻す義務)が発生しますが、この概念について、国土交通省のガイドラインにおいては、「借りた人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等」については、賃借人が原状回復の費用を負担すべきとしています。通常の使用で発生する通常損耗や、自然な劣化・経年変化については、原状回復の費用は賃借人(大家)が負担すべきということになります。賃借人が負担すべき、善管注意義務を怠った結果による損害の例として、子供の落書き、雨漏りを発見したが放置していた、等があげられます。